世界の七不思議

世界の七不思議(せかいのななふしぎ)とは、7つの不思議な現象などのことではない。
実は、古代ギリシャ・古代ローマ時代(古典古代)における7つの注目すべき建造物のことなのである。
現在では、古代の地中海地方に存在していた7つの巨大建造物のことを指すのが一般的だ。
これは、紀元前2世紀の書籍「世界の七つの景観」の中で選ばれたものだ。
著者は、東ローマ帝国の首都ビザンチウム(現トルコのイスタンブール)のフィロンという数学者にして旅行家である。
上記の書名で景観と訳されている θαマ鴻ハατα とは、ギリシア語で「必見のもの」といった意味である。
つまり、本来は「怪しい」「ありえない」などといった現在、一般的に浸透しているような意味は含まれていない。
しかし、日本語での「世界の七不思議」、英語での「Seven Wonders of the World」などと翻訳がなされた。
そのため、現代ではオカルトブームなどと結びついてしまった。
また、これらは「当時の土木技術レベルの超越」、「物理的に不可能」などの意味での解釈もある。
実際の七不思議が誤解されているのは、そういったことも含んでいるのである(「空中」庭園など)。

以下に七不思議を紹介する。

ギザの大ピラミッド

バビロンの空中庭園

エフェソスのアルテミス神殿

オリンピアのゼウス像

ハリカルナッソスのマウソロス霊廟

ロードス島の巨像

アレクサンドリアの大灯台

上記には、フィロンが選んだ7つ以外のものが含まれている。
それは、アレクサンドリアの大灯台だ(実際にフィロンが選んだのはバビロンの城壁)。
バビロンの城壁は空中庭園と同一だと扱われ、後にアレクサンドリアの大灯台と差し替えられたとされる。
しかし、現在では「ギザの大ピラミッド」のみが唯一残る建物で、他は地震や破壊などで消滅してしまった。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』